要旨

酸化修飾低密度リポ蛋白質(Ox-LDL)により誘発される血管内皮の傷害または活性化は、血管内皮の肥厚および動脈内の脂質の蓄積を特徴とする動脈硬化症の病理に関与するとされてきた。Ox-LDLおよびその脂質成分は血管内皮での一酸化窒素の産生を損ない、白血球接着分子と、血管新生に関与すると思われる平滑筋成長因子の発現を誘導する。培養系およびin vivoで血管内皮細胞は、マクロファージのスカベンジャー受容体が関与するのではなく、別の受容体を介した過程によってOx-LDLを中和し、分解すると推定される。今回著者らは、発現クローニングの手法によって、血管内細胞のOx-LDL受容体を分子クローニングしたので報告する。このクローン化した受容体は、構造的にみてC型レクチンファミリーに属するものであり、in vivoでは血管内皮および血管の多い臓器に発現する。