一般的な対処方法は、動脈硬化学会でのガイドラインに準拠する形が望ましいと考えております。
実際に禁煙指導や食事、運動によって数値が改善するという報告もございます。

なお、動物実験では、フレンチパラドックスとの関係が示唆され、ポリフェノール類が有効との文献報告があります。
ポリフェノール以外にも抗酸化サプリメントの有効性についても、報告例があります。