いいえ、低リスクでも発症する可能性はゼロではありません。ただし、過去の研究から値が低い方は高い方に比較して、発症するリスクが低いことが確認されています。今後値が高くなっていないか、定期的に検査の受診されることをオススメします。