1. HOME
  2. LOX-indexとは?
  3. エビデンス
  4. エビデンス関連記事
  5. アテローム性動脈硬化
エビデンス関連記事

エビデンス関連記事アテローム性動脈硬化

2020.8.13

oxLDLは無症状の頸動脈アテローム性動脈硬化のリスク予測因子と成り得る

Shen Gao, Dong Zhao, Yue Qi, Wei Wang, Miao Wang, Jiayi Sun, Jun Liu, Yan Li, and Jing Liu

目的

本研究では、血中酸化低密度リポタンパク質(oxLDL)と無症状アテローム性動脈硬化の進行との関連を調査し、その関連性が他のLDL関連パラメータと独立しているかを確認する。

続きを読む

2020.2.12

STEMI患者において、 L5がsLOX-1の発現を亢進させる

An-Sheng Lee, PhD*; Yu-Chen Wang, MD, PhD*; Shih-Sheng Chang, MD, PhD; Ping-Hang Lo, MD; Chia-Ming Chang, MSc;
Jonathan Lu, PhD; Alan R. Burns, PhD; Chu-Huang Chen, MD, PhD; Akemi Kakino, PhD; Tatsuya Sawamura, MD, PhD;
Kuan-Cheng Chang, MD, PhD

目的

可溶性レクチン様酸化低密度リポタンパク質受容体-1(sLOX-1)は、急性心筋梗塞(AMI)の重要なバイオマーカーである。一方、最も電気陰性な低密度リポタンパク質であるL5(最も陰性荷電の強いLDL分画=LAB)は、LOX-1を介してアテローム発生を誘発することが知られている。当研究では、 LOX-1の特性と、AMI患者の吸引された冠動脈血栓におけるL5の関わりを調査した。

続きを読む

2019.7.11

sLOX-1は頚動脈プラークの炎症と脳梗塞のリスクと相関がある

Hanna Markstad, MD;* Andreas Edsfeldt, MD, PhD;* Ingrid Yao Mattison, MSc; Eva Bengtsson, PhD; Pratibha Singh, PhD;
Michele Cavalera, PhD; Giuseppe Asciutto, MD, PhD; Harry Bj€orkbacka, PhD; Gunilla Nordin Fredrikson, PhD; Nuno Dias, MD, PhD; Petr Volkov, PhD; Marju Orho-Melander, PhD; Jan Nilsson, MD, PhD; Gunnar Engstr€om, MD, PhD; Isabel Goncalves, MD, PhD
From the Center for Medical Imaging and Physiology, Skane University Hospital, Lund University, Lund, Sweden (H.M.); Experimental Cardiovascular Research Unit, Clinical Research Center, Clinical Sciences Malm€o, Lund University, Malm€o, Sweden (H.M., A.E., I.Y.M., E.B., P.S., M.C., H.B., G.N.F., J.N., I.G.); Department of Cardiology (A.E., I.G.) and Vascular Center, Malm€o, Sweden (G.A., N.D.), Skane University Hospital, Malm€o, Sweden; and Clinical Sciences Malm€o, Lund University, Malm€o, Sweden (P.V., M.O.-M., G.E.).

目的

LOX-1は酸化LDLのスカベンジャーレセプターであり、酸化LDLと結合すると内皮障害や炎症を促進することが知られている。

本研究では、可溶性LOX-1(sLOX-1)が放出されるメカニズムと、sLOX-1の血中濃度とプラークの炎症と脳梗塞の将来リスクとの相関について調査した。

続きを読む

2019.5.10

急性脳梗塞患者における脈波伝播速度(PWV)とsLOX-1の相関関係

Scientific Research and Essays Vol. 6(31), pp. 6515-6519, 16 December, 2011
DOI: 10.5897/SRE11.1335

目的

急性脳梗塞は臨床現場でしばしば遭遇する死亡率の高い疾患の一つである。本研究では、PWVとsLOX-1の相関関係を分析することで、PWVが動脈硬化を反映する非侵襲な方法であることを示すとともに、急性脳梗塞患者のPWVと血清中sLOX-1濃度の相関を調査した。

続きを読む

2017.3.17

脳卒中(脳梗塞、脳出血)とsLOX-1濃度

Yokota Chiaki ,et al.

目的

LOX-1は、アテローム性動脈硬化の病因における重要な分子として知られている。現在、急性冠動脈症候群の患者では可溶性LOX-1(sLOX-1)の濃度が上昇することが示されているが、急性脳卒中患者に関する報告はない。本研究の目的は、異なる急性脳卒中患者におけるsLOX-1のレベルを評価するために行われた。
続きを読む

Takumi Higuma,et al.
Circulation Journal Vol.79, March 2015

背景

sLOX-1濃度は急性冠動脈疾患の予後マーカーである。しかし、急性期のsLOX-1血漿中濃度がST上昇型心筋梗塞の患者における長期予後と関連するかどうかは明らかにされていない。
続きを読む

2013.4.22

sLOX-1は、急性冠動脈症候群の予後を予測する

久米典昭他
Circulation Journal Vol.74, July 2010

背景

LOX-1は、アテローム性動脈硬化のプラーク脆弱性に関係する。LOX-1の一部は、プロテアーゼによって血中に放出されます。そして、それは急性冠動脈症候群 ( ACS )に特異的で鋭敏なバイオマーカーです。sLOX-1は、ACSの予後を予測する事が出来る可能性がある。
続きを読む

1 / 11
  • 信州大学医学部 血管生理学教室 酸化LDL受容体LOX-1研究
  • LOX-indexメールマガジン