1. HOME
  2. 脳梗塞・心筋梗塞の危険性
  3. 日本人の脳梗塞・心筋梗塞の意識調査レポート

日本人の脳梗塞・心筋梗塞の意識調査レポート

サマリー

動脈硬化が進行して発症する脳梗塞や心筋梗塞に対して、約57%の人が現在不安に思っており、その予防として、実に70%以上の人が日々の生活において、禁煙や禁酒、食べ過ぎ防止、塩分控えめ、適切な運動など、何かしらの対策を行っていると回答をしている。また、脳梗塞や心筋梗塞に対しての不安を年代別、男女別に細かく分析してみても、不安に思っている割合に大きな偏りは現れず、そのことからも健康や予防医療への意識の高さは、日本人全般的に見られる傾向と言えるだろう。

しかし、例を一つ上げると、脳ドックを受診したことがある人はアンケート回答者全体の約13%しかおらず、特に「脳梗塞・心筋梗塞に対して不安に思っている人」や「健康意識が高い人」に限った場合においても脳ドックを受診したことがある人は、約15%しかいないことから、まだまだ脳ドックは身近な存在とは言えないのだろう。
また、受診しない理由の1/3以上の人は「脳ドックの受診料が高いから」と答えていることからも脳梗塞のリスクを把握する費用としては、脳ドックの検査費用は高額で敷居が高いと認識されているのかもしれない。

しかし、脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクを血液検査で測れるのであれば、約84%の人が調べたいと回答しており、仮に通常の検査費用とは別に1万円程度の追加費用が掛かったとしても約70%の人が脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクを血液検査によって、調べたいと回答している。
血液検査によって、脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクが測れることを知っている人は、まだまだ全体の約10%しかいないのが現状ではあるが、検査の認知度が次第に高まっていくことによって、脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクを血液検査で測定するニーズも高まっていく推測される。

調査概要
調査期間:
2012年12月21日~24日
回答数:
300
調査対象:
20代、30代、40代、50代、60代以上×男女の10セグメント
調査方法:
インターネット標本調査(楽天リサーチ)

約57%の回答者が、脳梗塞や心筋梗塞に対して、
現在不安を持っていると回答

脳梗塞や心筋梗塞に対して、現在不安はありますか。

約57%の回答者が脳梗塞や心筋梗塞に対して現在不安を持っている

約72%の回答者が、脳梗塞や心筋梗塞にならない為に、
生活習慣として何かしら気を付けていると回答

脳梗塞や心筋梗塞にならない為に、生活習慣として何に気を付けていますか。

約72%の回答者が脳梗塞や心筋梗塞にならない為に生活習慣として何かしら気を付けている

約87%の回答者が、これまで脳ドックを一度も受診したことがない、と回答。
また、これまで脳ドックを一度も受診したことがない理由の35%は、
受診料が高いからと回答。

これまで脳ドックを一度でも受診されたことはありますか。

約87%の回答者がこれまで脳ドックを一度も受診したことがない

脳ドックを一度でも受診されたことがない場合は理由をお知らせください。

これまで脳ドックを一度も受診したことがない理由の35%は受診料が高いから

約90%の回答者が、脳梗塞や心筋梗塞の将来の発症リスクを
血液検査から簡単に調べられることを知らないと回答

脳梗塞や心筋梗塞の将来の発症リスクを血液検査から簡単に調べられることをご存知ですか。

約90%の回答者が脳梗塞や心筋梗塞の将来の発症リスクを血液検査から簡単に調べられることを知らない

約84%の回答者が、脳梗塞や心筋梗塞の将来の発症リスクを
血液検査で調べたいと回答

脳梗塞や心筋梗塞の将来の発症リスクを血液検査で調べたいと思いますか。

約84%の回答者が脳梗塞や心筋梗塞の将来の発症リスクを血液検査で調べたい

約70%の回答者が、脳梗塞や心筋梗塞の将来の発症リスクを調べる血液検査が、
通常の検査に+12,000円なら調べたいと回答

脳梗塞や心筋梗塞の将来の発症リスクを調べる血液検査が、通常の検査に+12,000円なら調べたいと思いますか。

約70%の回答者が脳梗塞や心筋梗塞の将来の発症リスクを調べる血液検査が通常の検査に+12,000円なら調べたい

  • 信州大学医学部 血管生理学教室 酸化LDL受容体LOX-1研究
  • LOX-indexメールマガジン