1. HOME
  2. LOX-index®とは?

LOX-index®とは?

①脳梗塞・心血管障害の発症リスクを評価可能

「LOX-index®は、脳梗塞・心筋梗塞発症リスクを評価する最新の指標です。日本国内で行われた、約2,500名を約11年追跡した研究成果がベースになっております。この研究から、sLOX-1(可溶性LOX-1:血中に放出されたLOX-1)とLAB(LOX-1 ligand containing ApoB)から得られる解析値が、今後10年以内の脳梗塞・心筋梗塞発症率に大きく関与する事がわかりました。脳梗塞発症率で約3倍、心血管疾患発症率で約2倍となり、これら2つの疾患の発症リスク評価検査としては、唯一の検査です。
エビデンスを見る

疫学研究の結果
脳梗塞発症との関係
LOX-index®値が高いと発症率が3倍
脳梗塞発症との関係
心筋梗塞発症との関係
LOX-index®値が高いと発症率が2倍
心筋梗塞発症との関係

②LOX-index®と動脈硬化のメカニズムとは?

動脈硬化は、血管内皮細胞の機能障害が出発点だと言われています。LOX-1は血管内皮細胞に存在する変性LDLのレセプターです。LOX-1と変性LDLが結合すると血管内皮細胞に慢性的な炎症状態が生じ、これが動脈硬化の原因であることが分かりました。

LOX-index®は、血液中の変性LDLと血中に放出されるsLOX-1(soluble LOX-1)から測定し算出する指標で、血管壁の硬化状況・硬化リスクを把握することが可能です。

LOX-index®の中身と動脈硬化のメカニズム(仮説)

LOX-indexの中身と動脈硬化のメカニズム(仮説)

sLOX-1:
soluble LOX-1の略称。血管内皮から切り離された可溶化LOX-1である。血管内皮に障害が起こるとLOX-1産生が促進される。その一部が、血管内皮から切り離され、血液中に放出される。
LAB:
LOX-1 ligand containing ApoBの略称。LOX-1と結合する変性LDLの総称である。測定系にLOX-1を用いることにより、生体内での状態を正確に把握することが可能である。

③動脈硬化の状態から脳梗塞・心筋梗塞の発症までを幅広くフォロー

先に述べたように、LOX-index®は動脈硬化の初期段階を反映しています。その為、今までの血液検査や画像健診で捉えきれなかった血管の状態を知ることが可能になりました。動脈硬化に起因する疾患は、発症までこれといった症状が出ない事が予防及び治療を遅らせる原因となっていましたが、LOX-index®は、動脈硬化の状態を数値化する事で、予防への意識付け、発症リスクの予測という点で、予防医療の進展に有効であると考えられます。

LOX-index®のカバー領域 未病 動脈硬化進行中 発病可能性大/発病後
画像診断検査MRA/MRI/CT等 動脈硬化中期から発病後
伝播脈波検査心・頸動脈エコー等 動脈硬化初期から発病可能性
一般性化学検査 未病中期から動脈硬化中期
LOX-index® 未病初期から発病後

LOX-index®利用方法

健康診断や
人間ドックでの
オプション項目

脳ドックや
精密検査受診への
スクリーニング

予防医療、
生活習慣改善への
意識付け

④LDLと比較した際のLOX-index®の優位性

動脈硬化のリスクマーカーとして、これまでLDLコレステロールが一般的でしたが、心疾患と相関性がある事は知られているものの、脳血管障害との相関性は得られていませんでした。また、心疾患患者の約3割はLDLコレステロールが基準値以下で発症しているとの報告もあり、リスクマーカーとしては十分とは言えません。LOX-index®はまさにその部分を補うことができます。

a.  LDLでは、心筋梗塞・脳梗塞の発症リスクを評価するには不十分
LDLと心筋梗塞発症者の
相関性
吹田研究では、LDLが低いにも関わらず、心筋梗塞を発症した人が約30%存在した。LDLと心筋梗塞発症者の相関性
LDLと脳梗塞発症者の
相関性
LDLと脳梗塞発症に相関性が無いことは、様々な研究で明らかになっている。LDLと脳梗塞発症者の相関性
LOX-index®
心筋梗塞・脳梗塞の相関性
LOX-indexと心筋梗塞・脳梗塞の相関性
b.  LDL値と心筋梗塞発症者数の相関性(吹田研究より)
LDL値と心筋梗塞発症者数の相関性
LDLが低いにも関わらず心筋梗塞を発症した人は発症者全(80人中31.3%

出典:Atherosclerosis 203(2009) 587-592.

  • 信州大学医学部 血管生理学教室 酸化LDL受容体LOX-1研究
  • LOX-indexメールマガジン