1. HOME
  2. LOX-index®とは?
  3. エビデンス

エビデンス

吹田研究

冠動脈性心疾患および脳卒中の新たな生化学的予測マーカーLOX-index, a Novel Predictive Biochemical Marker for Coronary Heart Disease and Stroke

井上信孝ほか
Clinical Chemistry 56:4 550-558 (2010)

背景

 吹田スタディは、日本唯一の都市型コホート研究である。1989年に大阪府吹田市民を対象に無作為に抽出され、1994年4月〜1995年2月に定期健診 を受診した30〜79歳の男女2,437人(解析における除外例含む)を対象として、平均11年間の追跡(2007年12月31日まで)を行った。
 解析は、アポリポ蛋白B含有レクチン様酸化LDL受容体1(LOX-1)リガンド(LAB)の循環濃度を可溶型LOX-1(sLOX-1)の循環濃度に乗じて得られるLOX-indexを用いて、ヒトLOX-1の活性化を評価した[LOX-index=LAB×sLOX-1]。本試験は地域コホートを対象に、冠動脈性心疾患(CHD)および脳卒中に関してLOX-indexが予後判定に寄与する価値を明らかにしようとするものであり、LOX-indexを四分位ごとにカテゴリーごと、疾患ごとの多変量調整オッズ比(95 %信頼区間)による比較を行った。

方法

 年齢30~79歳の住民2437例を対象として11年間にわたるコホート試験を実施した。このうち、脳卒中およびCHDの既往歴がない男性1094例および女性1201例を分析対象とした。組換えLOX-1およびモノクローナル抗アポリポ蛋白B抗体を用いるELISA法によってLABを、LOX-1に対する2つのモノクローナル抗体を用いるELISA法によってsLOX-1を、それぞれ測定した。

結果

 追跡期間中、CHDが68例、脳卒中が91例(うち虚血性脳卒中60例)認められた。性別、年齢、BMI、飲酒、喫煙、高血圧、糖尿病、非HDL コレステロールおよび脂質低下剤使用による調整後、解析を実施した。

心血管疾患 (P for trend=0.03)
LOX-indexがもっとも高い四分位(Q4)でQ1にくらべて2倍近くと高くなっていた。
Q1: 1 (対照)Q2: 1.48 (0.91-2.41)Q3: 1.31 (0.80-2.17)Q4: 1.83 (1.13-2.96)
脳梗塞 (P for trend=0.04)
脳梗塞リスクはQ2〜4でQ1にくらべて有意に高くなっており、リスクの増加度は3つのカテゴリーでほぼ同等であった。
Q1: 1 (対照)Q2: 3.39 (1.34-8.53)Q3: 3.15 (1.22-8.13)Q4: 3.23 (1.24-8.37)

結論

 新規検査指標であるLOX-indexと心血管疾患および脳梗塞との関連性について、LOX-index高値は心血管疾患発症リスクと有意に関連していた。一方、LOX-index低値は脳梗塞発症リスク低下と関連しており、脳梗塞発症に対し予防的に働く可能性が示唆された。

エビデンス関連記事

2017.3.17

脳卒中とsLOX-1濃度

Yokota Chiaki ,et al.

目的

LOX-1は、アテローム性動脈硬化の病因における重要な分子として知られている。現在、急性冠動脈症候群の患者では可溶性LOX-1(sLOX-1)の濃度が上昇することが示されているが、急性脳卒中患者に関する報告はない。本研究の目的は、異なる急性脳卒中患者におけるsLOX-1のレベルを評価するために行われた。
続きを読む

Takumi Higuma,et al.
Circulation Journal Vol.79, March 2015

背景

sLOX-1濃度は急性冠動脈疾患の予後マーカーである。しかし、急性期のsLOX-1血漿中濃度がST上昇型心筋梗塞の患者における長期予後と関連するかどうかは明らかにされていない。
続きを読む

目的

喫煙は血管の炎症を引きおこし、心血管イベントのリスクを高めるものである。一方でLOX-1は、酸化ストレスの増加やアテローム性動脈硬化プラークの形成や脆弱化に関係している。また、CRPとともに炎症性疾患に関わることが判明している。本検証ではLOX-1と喫煙が引きおこす炎症の関連性を検証すべく実施された。
続きを読む

2013.4.22

sLOX-1は、急性冠動脈症候群の予後を予測する

久米典昭他
Circulation Journal Vol.74, July 2010

背景

LOX-1は、アテローム性動脈硬化のプラーク脆弱性に関係する。LOX-1の一部は、プロテアーゼによって血中に放出されます。そして、それは急性冠動脈症候群 ( ACS )に特異的で鋭敏なバイオマーカーです。sLOX-1は、ACSの予後を予測する事が出来る可能性がある。
続きを読む

2013.1.4

ピタバスタチンは、変性LDL値を低下させる。

松本鉄也ほか
Lipids 45:329-335(2010)

目的

この研究の狙いは、高コレステロール血症患者におけるピタバスタチンの効果を低密度リポタンパク質コレステロール(LDLC)とレクチンのような酸化するLDLレセプター-1(LOX-1)により決定することであった。
続きを読む

2013.1.3

安定性の高い変性LDL標準品の確立

岩元真ほか
J Atheroscler Thromb 18(9):818-28(2011)

目的

我々は、LOX-1とリガンドを形成するapoB(LAB)の血中レベルが心血管イベントの危険性を予測することを証明した。
しかし、現行の他のoxLDL測定の場合同様に、標準品oxLDLとの化学的物性の違いが、LABを測ることの有用性に影響を与える可能性がある。この研究は、銅添加により作成されるoxLDLの代わりにLOX-1と抗apoB抗体によって同時に認識される代替蛋白質標準品の開発を目的とした。
続きを読む

2012.12.15

変性LDLと動脈硬化リスク因子の関係

内田ほか
Clin Chim Acta. 2011 Aug 17;412(17-18):1643-7.

目的

レクチン様酸化LDL(Ox-LDL)受容体(LOX-1)は主に血管内皮細胞上に存在し、Ox-LDLと結合して動脈硬化の病態生理に関与している。著者らは、組換えLOX-1を固相化したプレートおよび抗ApoB抗体を用いてApoB含有LOX-1リガンド(LAB)を測定する受容体反応による測定系を樹立した。最近の疫学研究によると、LABと脳梗塞および虚血性心疾患のリスクとの間に関連性が認められ、その関連性の強さは血圧、喫煙と同等であったと報告されている。また、脂質異常症患者へのピタバスタチンの投与によりLABは有意に低下したが、その際のLAB値とLDL値の減少率には強い相関はみられず、非依存的にLABが低下したと考えられ、スタチン系薬物による抗酸化作用が示唆されている。本研究の目的は、健常者におけるLABと動脈硬化のリスク因子の関係を検討し、動脈硬化予防におけるLABの意義を明らかにすることにある。
続きを読む

2012.12.14

変性LDL受容体の発見

沢村達也ほか
Nature 386(6620):73-7(1997)

要旨

酸化修飾低密度リポ蛋白質(Ox-LDL)により誘発される血管内皮の傷害または活性化は、血管内皮の肥厚および動脈内の脂質の蓄積を特徴とする動脈硬化症の病理に関与するとされてきた。Ox-LDLおよびその脂質成分は血管内皮での一酸化窒素の産生を損ない、白血球接着分子と、血管新生に関与すると思われる平滑筋成長因子の発現を誘導する。培養系およびin vivoで血管内皮細胞は、マクロファージのスカベンジャー受容体が関与するのではなく、別の受容体を介した過程によってOx-LDLを中和し、分解すると推定される。今回著者らは、発現クローニングの手法によって、血管内細胞のOx-LDL受容体を分子クローニングしたので報告する。このクローン化した受容体は、構造的にみてC型レクチンファミリーに属するものであり、in vivoでは血管内皮および血管の多い臓器に発現する。

  • 信州大学医学部 血管生理学教室 酸化LDL受容体LOX-1研究
  • LOX-indexメールマガジン