スウェーデンのコホート研究にて、sLOX-1濃度がプラークの炎症と関連性があり、LOX-1濃度の高い群では脳梗塞リスクが高くなるという結果が出ております。

本誌はJournal of the American Heart Associationにて掲載されております。

 

エビデンスの概略はこちら