台湾の研究にて、最も電気陰性なLDL(L5)とLOX-1が急性心筋梗塞と関連性があり、L5パーセンテージと可溶性LOX-1の血漿中濃度がSTEMI患者で高くなるという結果が出ております。

 

本誌はJournal of the American Heart Associationに掲載されております。

 

エビデンスの概略はこちら