中国のコホート研究にて、酸化LDL(oxLDL)が無症状アテローム性動脈硬化の進行と関連性があり、頸動脈プラークが進行していた人の割合は、血清oxLDLが低い人の方が低かったという結果が出ております。

 

本誌はJournal of atherosclerosis and thrombosisに掲載されております。

 

エビデンスの概略はこちら