目的と方法

従来より冠動脈疾患(CAD)の治療、予防には、アテローム保護効果を持つと考えられるHDLレベルを上昇させる治療法が検討されている。
しかし、内皮eNOSおよびeNOS依存性経路の活性化に対してのCAD患者のHDLがもたらす影響は不明である。

そこで、健常人と安定冠動脈患者(sCAD), 急性冠症候群(ACS)のHDLを単離し評価研究を行った。

続きを読む