背景

近年、代謝障害と腫瘍の発症および進行の間に強い相関関係が実証され、代謝標的に関する新しい治療戦略が支持されている。
OLR1遺伝子は、ox-LDLの認識、結合、および内在化に関与するLOX-1受容体タンパク質をコードする。
過去に、アテローム性動脈硬化におけるLOX-1受容体の役割がいくつかの研究によって明らかにされ、血管内皮細胞およびマクロファージにおける接着分子、炎症誘発性シグナル伝達経路、NF-kBおよびVEGFを含む血管新生促進タンパク質の発現の刺激作用が明らかになった。
近年、さまざまな腫瘍においてLOX-1のアップレギュレーションにより、がんの発症、進行、および転移への関係が示唆されている。

続きを読む