LOX-index®検査では何を測っているの?

LOX-index®は脳梗塞・心筋梗塞のリスクを調べる血液検査です。血液中で酸化した超悪玉コレステロール“酸化変性LDL(LAB)“と、それを血管の壁に取り込み動脈硬化を進ませる“LOX-1”というたんぱく質の2項目を測定し、将来の脳梗塞や心筋梗塞の発症危険度を評価します

LDLコレステロール

正常なLDLは、細胞やホルモンの原料となる

LOX-1(ロックスワン)

血管内膜に存在し、血液中に異物があると発現し、血管内皮細胞に障害を起こす

LAB(超悪玉コレステロール)

活性酸素によってサビついたLDL

血管内皮細胞

血管の内膜表面にある細胞。この細胞が障害を受けると血管の構造が壊れる
正常な状態の血管ではLDL等の脂質は動脈硬化の原因にはならず、各細胞へと運ばれていきます
喫煙等の生活習慣の乱れにより、LDLが酸化されLAB(超悪玉コレステロール)になります
LAB(超悪玉コレステロール)がLOX-1と結合し、血管内皮細胞を傷つけます
血管内皮細胞が傷つき、血管の壁の中にLAB(超悪玉コレステロール)などの脂質がたまります

通常の健康診断で測定しているLDLとの違いは?

LOX-index®検査で測定している物質は、通常の健康診断で測定している物質とは異なります。
LOX-index®は活性酸素に影響したLDLはLAB(超悪玉コレステロール)に変化し、動脈硬化の原因となります。
生活習慣を改善し、早期に予防する
ことが非常に大切です!
受診できる医療機関は
こちらから検索できます▶