1. HOME
  2. ご導入のメリット
  3. 導入施設インタビュー

導入施設インタビュー

  • 一般財団法人日本健康管理協会新宿健診プラザは、昭和39年この地で開設以来、健診専門の施設として予防医療と向き合ってまいりました。時代と共に変化する労働環境、国民の健康意識の向上、医療の進歩に合わせ、医師をはじめとするスタッフの研鑽と医療機器等の施設の充実に取り組んで来ました。
  • http://nikkenkyo.or.jp/shinjuku

――Lox-index® を導入されたきっかけを教えて下さい。

鏑木先生)当院では2015年の4月より検査の受付を開始しております。私は2016年の4月から当プラザの所長に就任したため、オプションとしては既に受付が始まっていた形になります。ただ、LOX-index®は動脈硬化性疾患の潜在的なリスクとなる「酸化」と「炎症」を捉え

るマーカーとしては有用であると考えております。特に、喫煙や高血圧、糖尿病や脂質異常など従来の動脈硬化リスクが著明では無い方に対しては、隠れたリスクを把握するための指標として、またその逆に動脈硬化リスクの高い方には生活習慣の改善、例えば、禁煙外来などの受診者への動機づけの補助材料としても有用であると考えております。

続きを読む

  • 横浜市立みなと赤十字病院健診センターでは次のことを皆様にお勧めしています。
  • ①「できるだけ症状のない早い時期の人間ドックや健診をお勧めします」
  • ②「異常が発見されれば、速やかに診療科受診されることをお勧めします」
  • ③「健康状態を継続して把握するために定期的な検査を受けることをお勧めします」
  • 元気で充実した生活を続けていただくために、当健診センターでは受診者のお一人お一人のニーズを大切にしながら、健康管理のお役に立ちたいと考えています。
  • http://www.yokohama.jrc.or.jp/index.html

――Lox-index® を導入されたきっかけを教えて下さい。

伊藤先生) 私の専門は消化器内視鏡です。2006年に当健診センターに着任し、予防医学に携わるようになりました。その後、様々な経験の中で「一次予防」が何よりも大切であると認識するようになりました。やはり予防を推進してく上では、動脈硬化の進行に対する早期の介入というのは、がんの早期発見と同じくらい重要な意味をもつと考えるようになったのです。
続きを読む

  • 健やかに年齢を重ねていただくことを目的に、健康管理や健康増進のための人間ドックおよび医学的啓蒙指導を行う「Medical Hea th Center」として、昭和62年11月に設立されました。倉敷中央病院と連携を行いながら、現在、年間約3万人の人間ドックや各種検診を行いながら、病気の早期発見・早期治療、生活習慣病の予防、健康教育など地域社会に役立つ健診施設をめざしておリます。
  • http://www.kchnet.or.jp/hoken/

――Lox-index® を導入されたきっかけを教えて下さい。

菊辻先生)ドック受診者には生活習慣病およびその予備群の方も多いのですが、生活 ・ 食事指導を行っても、なかなか効果が出ないのが現状です。 たとえば当センターで行っている特定保健指導の成功率(体重減少3%以上該当者)は30%止まりです。これは、将来起こるかもしれない心筋梗塞や脳血管疾患に対して、各個人が持っているリスクを具体的に伝えられないことも大きな要因と考えられます。

 

受診者に効果的に注意を喚起できるような新しい動脈硬化の指標を探している時にLox-index®を知りました。一般的なドック項目で判明する「現時点の動脈硬化リスク」に加えて、「将来的なリスクを予測する」Lox-index®を実施することで、より詳細な病態把握が可能になり、的確かつ効果的な事後指導につながると考えて導入を致しました。

続きを読む

  • 昭和62年に解説された病院併設型の健診専門施設で、日帰りドックを中心とした人間ドック事業と、生活習慣病健診、一般健診、特定健診を行っています。平成27年か6月1日からは東館へと移転し、より充実した設備で精度の高い診断機能を提供し、地域の方々の病気の早期発見・予防をサポートしています。
  • http://www.saiseikai.gr.jp/kenshin/

――Lox-index® を導入されたきっかけを教えて下さい。

内藤先生)従来の動脈硬化の指標としてはLDLコレステロールが代表的であったと思います。ただ、世界的にも言われている通り、LDLコレステロールを60mg/dL未満など極端に下げても心筋梗塞を発症してしまう人はいらっしゃいますので、他の危険因子をいろいろ見ていく必要があるなと考えておりました。そんな中、「酸化LDLが本当の動脈硬化を引き起こす原因ではないか?」というのがいろいろな研究で分かってきてはいたんですが、「酸化LDLを直接測定する。」 その確立した方法が無かったんですね。

 

この酸化LDLの測定方法を探していた時にたまたまLox-index®を知り、動脈硬化の原因としての酸化変性LDLを測れることを知って興味を持ちました。また、炎症系指標のsLOX-1についても前々から聞いたことがありましたので、一度オプションとしてやってみようという形になったのです。 またもう一つ、Lox-index®が「未病の段階からの検査」であるというのも私にとって魅力でしたね。やっぱりどんなに優れた画像診断でも、そこにまだ形として表れていない疾患の予兆は見ることが出来ませんので、予防の観点からも早期から疾患リスクを評価するというのは非常に有用だと思っています。

 

あとはもちろん、採血だけで検査ができるという簡便さも魅力でしたね。導入コストもかかりませんし、人手や手技もかからないということで、施設として導入をすることにしました。

続きを読む

  • 名古屋駅すぐ、名古屋ルーセントタワー3階にあるサテライトクリニック。
  • 1.5テスラMRI、マルチスライスCT等を備えた健診センターでは、人間ドックに加え、脳ドック、婦人科ドックなどのオプションメニーを豊富に取り揃えています。
  • また、内科、婦人科の一般外来とともにm米国ケンブリッジ・ヘルスアライアンスとの情報共有による「女性頭痛外来」を開設しております。
  • http://www.lucentclinic.com/

――Lox-index® を導入されたきっかけを教えて下さい。

松本先生)人間ドック学会で紹介してもらったのがきっかけで、導入してから約一年経ちます。それまで現状を正確に知るための頸部エコーIMT,MRIなどもやっていましたが、将来を予測する検査は有りませんでした。Lox-index®はこれまでになく何年か先のことがある程度予測できるという所が良かったのです。当クリニックは、場所がら多くの受診者が多忙な企業にお勤めの方で、仕事の合間に来られるためあまり時間が無いのです。この検査は、血液検査なので、検査時間も短くて済むため受診者にとっても大きなメリットがあります。
また、報告書もカラーで図字されているので、データが分かりやすいですね。

続きを読む

  • 心臓外科医として30年余りの間、国内外の病院に勤務して5000例を超える死蔵手術を行った経験を生かして、お悩みになっておられる心臓病の診断、治療方針、セカンドオピニオンを提供いたします。
  • 眺めのよい診療室で、ゆったりと時間をとって患者さんとお話するために、2012年4月から代官山蔦屋書店T-SITEの一角に須磨ハートクリニックを開院いたしました。
  • http://www.sumaheart.jp/

――Lox-index® を導入されたきっかけを教えて下さい。

須磨先生)私の専門は心臓外科です。クリニックには私のライフワークである冠動脈バイパス手術を受けられた、狭心症や心筋梗塞の患者さんがたくさん来られます。このような虚血性心疾患はもちろん症状が悪化してからの手術というのも大事ではありますが、出来るだけ早めに発見して予防出来れば越したことはありません。

 

一方、これまで用いられているリスクファクター、具体的には糖尿病、高血圧、高脂血症というのは、何となく漠然としている印象があります。今まで5千人余りの手術をしましたが、そのうちのおよそ3分の1くらいの症例は、別にコレステロールも高くないし、糖尿病でもなければ、血圧も正常で肥満でもなかったのです。

 

Lox-index®という検査が登場して活用されているようなので、私のクリニックでも是非やってみたいと思ったのです。

続きを読む

  • 画像診断センターとして、PET/CT装置を2台、MRI装置(1.5ステラ)2台、マルチスライスCT装置(16列)1台、超音波検査装置1台を駆使し、地域の共同利用検査機関として、質の高い医療を提供できるよう努力いたしております。
  • 受診者一人ひとりに快適な検査を提供できるよう、スタッフ全員が真心と専門的な知識を持って対応させていただいております。今後もより高度で精度の高い医療サービスを奉仕の精神を持って提供できるようにスタッフ共々努力してまいります。
  • http://www.toko-pet.jp/

――Lox-index® を導入されたきっかけを教えて下さい。

検査の様子

石田先生)当院ではPET/CTを中心とした画像診断により、がん検診、脳ドックを行っています。しかし、受診者様からは「心臓検査もできれば三大疾病がカバーできるのに。」というリクエストがしばしばありました。実際に当クリニックでは受診者の年齢層が高いこともあって、冠動脈石灰化をはじめとした動脈硬化を呈する所見が多くみられていました。

しかしながら、心臓ドックを行うためには必要な機能や装備、マンパワーが不足しており、画像診断による心疾患へのアプローチを直ちに実現できる状況にありませんでした。

そんな時採血だけで検査ができるというLox-index®検査を知り、その簡便さに加えて、将来の発症リスクを予測するものであることから、現状を評価して早期発見を目的とする画像診断と併用することによって、より精度の高い健康管理が期待できるのではないかと考え導入いたしました

続きを読む

ベルクリニック院内風景
  • ベルクリニックでは健康づくりの場にふさわしいリラックスした状態で、最新の健診システムと専門スタッフによる検査をうけていただける環境を整えています。
  • ISO27001 認証施設・ISO9001 認証施設
  • 人間ドック・健診施設機能評価認定施設
  • 日本総合健診医学会優良総合健診施設
  • 日本病院会指定優良人間ドック健診施設
  • 健康保険組合連合会指定施設
  • マンモグラフィ検診施設画像認定施設

――Lox-index® を導入されたきっかけを教えて下さい。

小林先生)まず、LOX-index® を導入する前は、頸動脈エコーとRLP-Cho(レムナント様リポ蛋白コレステロール)を併せて測定していました。しかし、なかなか臨床に結びつくようなデータが得られず、受診者への説明が十分にしにくく感じることがあり、その点を解決できるのではないかという期待です。

 

もう一点は、報告書です。非常にインパクトがあるため、視覚に訴えることで、自分が今どういう状態にあるのかを自覚してもらうために、とても良いきっかけになるという点です。

 

対象が、普段自覚症状がほとんど無く、症状が出たときには重症で手遅れになることも多い疾患ですから、自分が、精密検査や治療が必要な状態にあるのだということを自覚してもらうために、非常に有用だということが、今回の導入の理由です。

続きを読む

  • 2001年11月より東京都大田区に開院。最新のオープン型MRI、マルチスキャン・ヘリカルCT等を完備しデジタル画像によるコンピューター診断を行っている。
  • 工藤院長は、英国バーミンガム大学、東京労災病院脳神経外科、鹿児島市立病院脳疾患救命救急センターなどで脳神経外科を学び1989年、東京労災病院脳神経外科に勤務。同科副部長を務める。
  • また、多数の学会に所属し、アメリカ脳神経外科学会(AANS)/アメリカ脳神経外科コングレス(CNS)/北米頭蓋底外科学会(NASBS)など多数の学会に所属している。(東邦大学客員講師、日本脳神経外科学会・評議員、日本脳神経外科学会専門医、日本認知症学会認定医等)

①LOX-index®を導入した理由

工藤先生
脳外科の専門医として、患者様への介入時から、頸動脈エコーの結果やIMTの肥厚による脳梗塞・心筋梗塞の発症の関係に重きを置いていた。それに合わせ、MRI、MC-funにて検査をし、その使用実感から、血液のドロドロやベタベタが脳梗塞・心筋梗塞の発症に非常に重要なリスク因子である事は分かっていた。

 

しかし従来の検査指標では、今日現在の脳梗塞・心筋梗塞の発症を起こす診断指標はあるが、将来の予測や10年後の予測は不可能であった。
続きを読む

  • 2005年に千代田区にて開業
  • 開業当初からアンチエイジング医療、がん治療に取り組む
  • 院長の澤登 雅一先生は、血液内科出身で長年、血液悪性腫瘍のご経験を有する
  • 抗加齢学会認定医療施設

①LOX-index®を導入した理由

当院では、アンチエイジング医療・予防医療を提供しています。しかし、脳梗塞・心筋梗塞に代表される動脈硬化性疾患は予防可能な病気であるにも関わらず、患者様はなかなか積極的に予防に取り組むことが難しい。その大きな理由の一つとして、動脈硬化の進行過程ではわかりやすい症状が無いことが挙げられます。そのような中でLOX-index®は、動脈硬化の進行状態を目に見える形で数値化できることが、予防への動機づけに有用と考え、導入を決めました。
続きを読む

医療法人社団六医会 内幸町診療所
  • 昭和58年6月より帝国ホテルインペリアルタワー内に開設、内科一般診療及び人間ドック等健診業務を開始
  • 日比谷や銀座に近い帝国ホテルに宿泊しての1泊2日人間ドック(ホテルドック)や、日帰りドックなどの健診サービスを提供
  • 日本総合健診学会より優良自動化健診施設の指定を受けており、スピーディで精度の高い医療・健康サービスを提供

①LOX-index®を導入した理由

遠藤先生)近年、予防医学が注目されてきている中で、LOX-index®により、動脈硬化の進行が血液検査から予測できるようになったということが非常に大きいです。また、LDLコレステロールと動脈硬化の相関が見受けられないケースがありますが、動脈硬化を進行させるいくつかの要素の中の脂質の部分で、LDLコレステロールよりもLOX-index®の方が優れているのではないかという期待もあります。さらに、生活習慣改善を指導するための動機付けにも役立つのではないかと思い、導入を決定しました。

 

林先生)遠藤先生の話に加え、当院は施設特性上MRI/MRA等の画像診断機器を置くことができない医療施設になるため、これまでは見ることができなかった脳梗塞に関する指標を、血液検査から数値で把握することができるようになったという点もあります。

 

続きを読む

青木脳神経外科・形成外科
  • 平成3年11月より、高知市にて開業
  • 脳ドックによる病気の早期発見だけでなく未病段階からの病気予防にも注力
  • 院長先生・副院長先生共に抗加齢学会 専門医の資格を有しており、抗加齢医療も提供

①LOX-index®を導入した理由

当院は脳神経外科ですから、MRI検査はほとんどの患者様に行います。中には、脂質異常もなく、全くリスクがないにも関わらず、ラクナ梗塞がある方もいらっしゃいます。一般の血液検査では全く異常がない方でも、LOX-index®を調べることで、より厳密にリスク評価が可能となることに、大きな期待を持ち、導入を決定しました。
続きを読む

1 / 11
  • 信州大学医学部 血管生理学教室 酸化LDL受容体LOX-1研究
  • LOX-indexメールマガジン