• 一般財団法人全日本労働福祉協会は産業保健における健診団体の草分けとして長い歴史を有しています。
  • 昭和29年に中小企業の労働者の健康管理を目的に財団法人として設立され、現在は労働者を対象に年間およそ92万人の労働安全衛生法に基づく定期健康診断及び有害業務従事者を対象にした特殊健康診断等を実施しています。
  • http://www.zrf.or.jp/

 

<疾患予防のため、従来の健診項目に加え新たなバイオマーカーも活用していく>

――――Q)労働者の健康管理の観点から動脈硬化性疾患を予防することの意義をお聞かせいただけますか?

栁澤先生)

当協会は労働衛生管理を行う医療機関として、労働安全衛生法に基づいて勤労者の健康診断や有害業務従事者を対象にした特殊健康診断等を実施しております。わが国は現在、国民皆保険のもと、日本国内ではわずかな自己負担で医療を受けられ、個人の医療機関における受診率や医療機器の普及といった点では先進国の中でも非常に高い水準にあります。しかし、病気になる前の段階から予防をしていくという観点からは、日本は先進国の中でも非常に遅れを取っていると思われます。そして、医療費の財政圧迫も重要な問題であり、国の方針としても「健康日本21」、「特定健康診査」といった健康寿命の延伸に向けた生活習慣病の対策が急がれている状況であります。

 

我々、医療の立場からも第五次医療法改正(平成19年)より、重点として四疾病のがん、脳卒中、心疾患、糖尿病(*1)が掲げられており、それらのベースとなる生活習慣病については未病の段階での対策というのが課題となってきています。また元々、健康診断の目的では勤労者の健康状態の把握、結核などの疾患の早期発見に主眼が置かれていました。

 

しかし、今はどちらかというと「がんや生活習慣病の対策、未病対策」といった観点が重要になってきています。これらの疾患を防ぐために、従来の健康診断に加えて「先制医療」の考え方を取り入れて実行していく必要性が増してきていると思われます。将来起こりうる病気を発症前に予測し、対応する先制医療の観点に基づき、我々は労働安全衛生法で定義されている従来の健診項目に加えて新たなバイオマーカーも今後取り入れていく必要があるのではないかと思います。その点では、脳卒中や心筋梗塞という重篤な疾病のリスクを事前に把握し、動脈硬化性疾患の予防につながるバイオマーカーとしてLOX-index®は有用な検査であると考えています。

 

<LOX-index®はスクリーニングやリスクファクター評価の指標となりうる>

(Q)検査のご活用についてご意見をお聞かせいただけますか?


栁澤先生)もちろん、医療の観点ではその病気を直接見る検査、例えばCTやMRIなどの画像検査は信頼性も高く重要です。ただ労働者の健康管理の中で、全員に行うのは現実的には難しいところがあります。その点、LOX-index®は病気の有無を見つけるためのものではないですが、血液で多くの方を対象としてスクリーニングし、リスクが高ければそういった画像検査につなげることも出来、非常に意味のある検査だと思います。また、LOX-index®については近年の知見から動脈硬化のリスクファクターの判定に有用であることが分かってきているようです。例えば、肥満や喫煙といった生活習慣や高脂血症ともLOX-index®は相関が得られており(*2)、肥満の場合ではカロリー制限によって(*3)、禁煙することによって数値が改善するというのはリスクファクターの改善指標として有用であると思います。

 

<疾患リスクを知ることは労働者本人にとっても企業にとっても、健康を見直す良いきっかけになる>

(Q)受診者の方の評判についてお聞かせいただけますか?

栁澤先生)導入してまだ1年程度ですが、受診者の方々には好評であると思います。ぜひ従業員の健康管理に向けて採用をしたいという企業もあるようです。40代以降では生活習慣病のリスクがあがってくる年代ですし、生活習慣の改善のきっかけとしてLOX-index®を受診し、ご自身の血管の健康状態を確かめるというのは働く人本人にとっても、企業にとっても健康を見直す良いきっかけになるかもしれないですね。もちろん、負担費用はそれなりにかかる検査ですので、その分我々も啓蒙活動や健康教育をきちんと行っていかねばならないと思います。その検査の医学的根拠や有用性という点を事前に伝え、納得してもらった上で受診することがご本人にとってもメリットにつながるのではないでしょうか。

 

<今後は二次予防や三次予防での有用性が見えてくると面白い>

(Q)今後の展望をお聞かせいただけますか?

栁澤先生)LOX-index®は研究でもわかっているようにST上昇型心筋梗塞の予後の状況の把握(*4)や心筋の虚血の状況を定量的に評価できる(*5)という点もあり、発症評価の点では良いと思います。ただ、我々の仕事でもあるのですが、指標のもつ基準をより鮮明なものにしていく必要性は感じますね。例えば、○○歳だったらXXという値はどの程度危険なことなのかといった、年齢や性別あるいは職業に合わせた基準値が出てくると面白いと思います。そのためには今後の疫学的アプローチやそういった臨床例を捉えていくことが重要であり、二次予防や三次予防としてもどれだけ有用性があるのかが明らかになってくると面白いですね。

――――貴重なお話とご意見をありがとうございます。