代表的な論文

LOX-index値は心血管疾患および脳梗塞の発症と有意に相関がある

カテゴリー
冠動脈性心疾患および脳卒中の新たな生化学的予測マーカーLOX-index, a Novel Predictive Biochemical Marker for Coronary Heart Disease and Stroke 井上信孝ほかClinical Chemistry 56:4 550-558 (2010) 背景 吹田スタディは、日本唯一の都市型コホート研究である。1989年に大阪府吹田市 […]

禁煙によってLOX-index値が改善する

カテゴリー
Komiyama M, et al. Vessels. 2017 July 31 喫煙による炎症がLOX-1の上昇と密接な関連があり、上昇要因の一つであるという検証結果が出ているが、禁煙とLOX-indexの関係性についての明確な検討は行われていなかった。 今回は京都医療センターの禁煙外来に来られた方を対象としてLOX-indexの分析を行った。対象は180名(男性135人、女性45人)、それぞれ […]

最新論文

ドネペジルがox-LDLによるTHP-1単球のヒト大動脈内皮細胞(HAEC)への付着を防ぐ

カテゴリー
Donepezil Prevents ox-LDL-Induced Attachment of THP-1 Monocytes to Human Aortic Endothelial Cells (HAECs) Zhou Sほか Chem. Res. Toxicol. March 15, 2020 背景 ox-LDLはアテローム性動脈硬化における内皮損傷を誘発する重要な病因である。ドネペジルはよく […]

PCSK9は肝細胞表面のLDL受容体の分解を介して、循環LDL-cの調整に関与している

カテゴリー
Research progress on alternative non-classical mechanisms of PCSK9 in atherosclerosis in patients with and without diabetes Ying Tangほか Cardiovascular Diabetology volume 19, Article number: 33 (2020) […]

LOX-1は心血管疾患の治療標的として臨床への展開が期待される

カテゴリー
宮崎雄輔, 森本達也ほか  JCVA会誌「心血管薬物療法」(2019) 要旨 酸化LDL受容体であるLectin-like oxidized low-density lipoprotein receptor 1(LOX-1)は、血管内皮を中心に生体内で広く発現し、高血圧、肥満、糖尿病、喫煙などの生活習慣病や動脈硬化、心筋梗塞などの心血管疾患でその発現が上昇する。LOX-1は酸化LDLのみならず、C […]

血清LOX-1は動脈瘤くも膜下出血後の遅延性脳虚血の有望な予測因子となる可能性がある

カテゴリー
Serum soluble lectin‐like oxidized low‐density lipoprotein receptor‐1 as a biomarker of delayed cerebral ischemia after aneurysmal subarachnoid hemorrhage Qun Linほか Brain Behav. 2020 Feb; 10(2): e0151 […]

sLOX-1量は急性冠症候群で上昇する

カテゴリー
Serum Soluble Lectin-Like Oxidized Low-Density Lipoprotein Receptor-1 Levels Are Elevated in Acute Coronary Syndrome:A Novel Marker for Early Diagnosis Kazutaka Hayashidaほか Circulation Journal Vol.112 […]

LOX-1とがんの発症、進行、および転移への関係性が示唆された

カテゴリー
LOX-1 and cancer: an indissoluble liaison M Murdocca, C De Masi, S Pucci, R Mango, G Novelli, C Di Natale, F Sangiuolo 背景 近年、代謝障害と腫瘍の発症および進行の間に強い相関関係が実証され、代謝標的に関する新しい治療戦略が支持されている。OLR1遺伝子は、ox-LDLの認識、結合 […]

sLOX-1は新生児脳障害の重症度診断および予後予測に有用である

カテゴリー
目的 新生児低酸素性虚血性脳症(nHIE)における重症度分類と予後のバイオマーカーとして可溶性LOX-1(sLOX-1)の有用性を評価する。 方法 在胎期間36週以上且つ出生体重1800g以上の新生児で、nHIE27例と健常45例を対象に調査を行った。 nHIE基準は、出生後60分以内の血液ガスでpHが7.0以下またはbase deficitが16mmol/L以上であること、Apgarスコア10分 […]

血清oxLDLは無症候性アテローム性動脈硬化症の進行と関連性がある

カテゴリー
Circulating Oxidized Low-Density Lipoprotein Levels Independently Predict 10-Year Progression of Subclinical Carotid Atherosclerosis: A Community-Based Cohort Study Shen Gao, Dong Zhao, Yue Qi, Wei Wa […]

STEMI患者において、 L5上昇がsLOX-1の発現を亢進する

カテゴリー
Detection of a High Ratio of Soluble to Membrane-Bound LOX-1 in Aspirated Coronary Thrombi From Patients With ST-Segment-Elevation Myocardial Infarction. An-Sheng Lee, PhD*; Yu-Chen Wang, MD, PhD*; Sh […]

sLOX-1 頚動脈プラークの炎症と脳梗塞のリスクと相関する

カテゴリー
High Levels of Soluble Lectinlike Oxidized Low-Density Lipoprotein Receptor-1 Are Associated With Carotid Plaque Inflammation and Increased Risk of Ischemic Stroke. Hanna Markstad, MD;* Andreas Edsfel […]